式場の選び方のポイント

新郎新婦

式場のタイプ

鎌倉で結婚式を挙げる場合、まず結婚式場のタイプを知る必要があります。代表的なのはホテルと専用式場ですが、近年はレストランやゲストハウスといった舞台も人気を集めています。ホテルは宿泊施設だけでなく、チャペルを併設していたり宴会が行える大広間や二次会が行えるレストランがあったりと、充実の施設が魅力です。また、美容室や写真室も備えているため、移動の手間がかかりません。専用式場は結婚式のために作られていますから、施設の充実度はもちろん、コンセプトがはっきりしているのが魅力です。鎌倉には日本庭園を備えた伝統的な結婚式場もあります。

参列者への配慮も必要

二人のための結婚であっても、結婚式場選びには、参列者への配慮が必要です。鎌倉から遠い土地に住む高齢の親類を呼ぶ場合は、移動が楽なホテルが喜ばれます。しかし、年配の方には日本伝統の結婚式場が喜ばれる傾向にあるので、和風の専用式場を選ぶのも一案です。その一方で、海が広がるリゾート地としての一面も持つ鎌倉には、邸宅を一軒貸しきって式を挙げられるゲストハウスという選択肢もあります。もっとカジュアルに式を挙げたい、というカップルはレストランウェディングが適するでしょう。

予算を設定しておこう

鎌倉には様々なタイプの結婚式場があります。設備に違いがあるのは当然ですが、プランやかかる費用も多種多様です。鎌倉で自由度が最も高いのはゲストハウスと言われており、二人の理想の演出やコーディネートが可能です。しかし、こだわるだけ費用がかかることを覚悟しなければいけません。始めに予算を設定しておくことは重要です。また、ゲストハウスのように屋外の施設も魅力的な結婚式場も、天候や季節によっては利用が難しくなるので、考慮したいところです。